D.A.Consortium

ニュースリリース

2013年09月 12日

次世代広告配信プラットフォーム『i-EffectR』ソネット・メディア・ネットワークスのDSP『Logicad』へのASP提供を開始

【新サービスのお知らせ】
次世代広告配信プラットフォーム『i-Effect®』
ソネット・メディア・ネットワークスのDSP『Logicad』へのASP提供を開始

デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム株式会社
ソネット・メディア・ネットワークス株式会社

  PDFファイル

 

【新サービスのお知らせ】

次世代広告配信プラットフォーム『i-Effect®

ソネット・メディア・ネットワークスのDSP『Logicad』へのASP提供を開始

 

 

 このたび、デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:矢嶋弘毅、以下 DAC)は、ソネット・メディア・ネットワークス株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役:穂谷野智)が運営するDSP(※)『Logicad』へ次世代広告配信プラットフォーム『i-Effect®』をASP提供することになりましたのでお知らせいたします。

 

◆『Logicad』への『i-Effect®』提供開始の背景

 『i-Effect®』は、これまでクリエイティブを効率的に配信するパーソナライズド・クリエイティブ機能を有する広告主・広告会社向けの次世代型広告配信プラットフォームとして、サービスを提供してまいりましたが、今回『Logicad』にも、同様の機能を提供することとなりました。 

 今回の提供開始により『Logicad』ではパーツ入稿が可能となり、最大1024パターンからユーザー単位に最適な組み合わせに生成されたクリエイティブを配信できるようになります。よって、クリエイティブとDSPの相乗効果による広告効果の最大化が期待できます。

 

◆『i-Effect®』の特徴

 『i-Effect®』はユーザーのネット行動履歴や嗜好に基づいて、バナー広告クリエイティブやキャンペーンページの自動生成・最適化配信を行う広告配信プラットフォームです。バナー広告やリスティング広告等のネット広告の効果を計測することで、広告キャンペーン全体において、どの広告がどの程度ユーザーのエンゲージメントやコンバージョンに寄与したかを分析することができます。

 

今後の展開について

 DACグループは、これまで最先端の広告テクノロジーの提供を行うことで、広告会社、媒体社をはじめとしたインターネットマーケティングを行う全ての企業のマーケティング・コミュニケーションを支援してワンストップサービスの提供今後の展開についてまいりました。今後も、広告主・広告会社・媒体社のニーズに応える技術開発・商品開発を積極的に推進し、インターネット広告市場の発展に貢献してまいります。

 

 

以  上

 

 

(※) DSPとは

デマンドサイドプラットフォーム(Demand-Side Platform, DSP)とは、インターネット広告において、広告主や広告会社が、広告在庫の買い付け、広告配信、掲載面・オーディエンスのターゲティングなどを一括して行うツールならびにサービスのことです。

 

<会社概要> 

■ デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム株式会社 (http://www.dac.co.jp/

 代表者 : 代表取締役社長 矢嶋 弘毅

 本社所在地 : 東京都渋谷区恵比寿4-20-3 YGPタワー33F

 設立 : 1996年12月

 事業内容 : インターネットメディアレップ事業、アド・テクノロジー事業

         オペレーション事業等

 

ソネット・メディア・ネットワークス株式会社

 代表者 : 代表取締役社長 穂谷野 智 

 本社所在地 : 東京都品川区大崎2丁目1番1号 ThinkPark Tower 9F

 設立 : 2000年3月21日 

 事業内容 : インターネットマーケティング事業