D.A.Consortium

メディアサービス

媒体社、広告会社、広告主のそれぞれのニーズを踏まえ、メディアレップ、トレーディングデスク、コンテンツマーケティングなどのサービスを展開しています。媒体社と協働して広告の新商品開発等に貢献するとともに、予約型/運用型といった取引手法や広告フォーマットを問わず、あらゆる広告取引に関わるサービスを一気通貫で提供します。

メディアレップ

メディアレップとは、様々な媒体(メディア)の広告枠を販売する企業のことを指します。

DACは、インターネット広告の分野に特化したメディアレップであり、媒体社と広告会社の間に立って、広告枠のバイイングだけに留まらず、プランニング、原稿確認、コンサルティング、テクノロジー開発、オペレーションなど、インターネット広告取引に関わるあらゆるサービスを提供しています。

<サービスの流れ>



トレーディングデスク

トレーディングデスクは、運用型広告におけるプランニング、運用、レポーティングの業務に深く関わり、広告効果の最大化を図ります。DACでは国内最大規模の体制で対応しています。


各広告取引における提供サービス

予約型広告
ポータルやニュースなどさまざまなサイトのトップページ等における広告枠を、掲載期間や掲載面、配信量の条件を指定し、予約売買する取引です。
当社グループでは、DACがさまざまな媒体社と新たなフォーマットを活用した予約型広告の商品開発・提供を行い、クリエイティブ制作を行う博報堂アイ・スタジオなどが、ソリューションを提供しています。
運用型広告
広告取引の中で蓄積されたデータを活用し、データ分析やオペレーションの自動化により効果的に広告配信を行う取引です。サーチ広告(検索連動型広告)や、アドエクスチェンジ、SSP、DSPなどが含まれます。
DACでは、ネットマーケティングの戦略設計から運用・レポーティングまでを一貫して担うトレーディングデスクサービスを提供しているほか、グループ会社のアイレップがこの市場においてはトップの実績をもっています。
また、DACではデータを蓄積し活用するDMP(データ・マネジメント・プラットフォーム)を開発・提供しています。プラットフォーム・ワンユナイテッドでDSP/SSPの開発と提供、トーチライトがソーシャルメディアの広告運用を担います。

コンテンツマーケティング

テクノロジーやクリエイティブの力を用いて、生活者にとって適切で価値あるコンテンツを提供することで、媒体社のデジタルトランスフォーメーションや広告主と生活者のエンゲージメントを高めるマーケティング戦略を支援しています。



■#SHAKER:クライアント企業の課題解決と媒体社の新たな収益化に貢献

#SHAKERは、DACと博報堂DYメディアパートナーズ、博報堂アイ・スタジオにより組成されたコンテンツマーケティング支援チームです。
クライアント企業の課題解決と精緻なマーケティング活動を支援すると同時に、媒体社やコンテンツホルダーとの連携を拡大・発展させ、媒体社のメディア価値向上に貢献するコンテンツマーケティングを推進します。